先輩の声

准看護師
田代 安津実さんの声

私はこが病院で働き始めて1年が過ぎました。1年前は不安な気持ちでいっぱいだったことを覚えています。ですが3階病棟の看護師さんたちは優しく指導して下さり、またベテラン看護師さんたちばかりなので、わからないことがあればすぐに質問でき、自分の経験したことなども話してくれて、とてもよい環境で働かせていただいています。 看護師になってから大変なことも多いですが、患者様やご家族から感謝の言葉をいただいたり、笑顔を見ると“看護師になってよかったな”と思い、やりがいを感じます。患者様の回復していく姿を近くで見ることができるので、その場面に立ち会えることがとても嬉しいです。

まだまだ未熟な看護師ですが、患者様の思いを大切にし、“この看護師さんでよかった”と思っていただけるよう努力して、これからも元気に頑張っていきたいです。

ありあけ2番館
川原 舞子さんの声

私は、こが病院、ありあけ2番館で働き始めて1年が過ぎました。最初は、経験がなくわからない事ばかりで毎日不安でした。ですが、施設長をはじめ先輩職員のみなさんに一から指導していただき、わからない事もたくさん教えていただきました。
初めの頃は、利用者様とのコミュニケーション、接し方などが難しくて大変でしたが、先輩方の指導により、少しずつ慣れることができました。
利用者様ができなかった事が出来たり、「ありがとう」という感謝の言葉をいただいた時に、とてもやりがいを感じます。そして、名前を覚えていただいたり、呼ばれたりすると、とても嬉しいです。まだまだ、学ぶことがたくさんありますが、初心を忘れずにいつも笑顔で気をひきしめて、先輩方からたくさん吸収して、これからも頑張っていきたいです。

透析室
藤澤 花厘さんの声

私はこが病院で働き始めて3年目になります。 網走を訪れるのは初めてでしたが、こが病院の方々は患者様も職員の方も親切な方ばかりで初めての土地で上手く生活できているのか周りの人たちに心配されていたことをよく覚えています。
私の場合は、所属している部署だけでなく他の部署へも行き、そこで数か月にわたり業務をする経験がありました。そこでは今まで行った事がない仕事ばかりでしたが、周りの職員の方々に優しく丁寧に、時には厳しく指導してもらえました。また、様々な部署へ行ったことでより多くの看護師さんたちの考えを聴くこともできました。他の病院ではあまりないことなのかもしれませんが、私はこのようなことを経験できたおかげでより多くのことを学べたと思います。一人前というにはまだまだ遠いですが、これからも様々な経験を通していろいろなことを学んでいきたいと思います。

透析室
神成 勇輝さんの声

私がこが病院に働き始めて5か月が過ぎました。 初めての就職や慣れない土地という事もあり不安な気持ちで押しつぶされそうになりました。しかし、優しく頼りになる先輩方の助けもあり充実して毎日を過ごす事が出来ています。命を預かる現場で働く身として、自分に出来る事は何なのかという不安や責任感もありますが、日々新しい発見や自分に出来る事が増えていく喜びを感じ日々精進しております。
患者様と関わっていくうちに患者様と同じ病態になることが出来ませんが、少しでも同じ立場に立つことで患者様が安心して透析を受けることが出来るように何をしなければならないのか考える毎日です。まだまだ自分には、出来るようにならなければいけない事が多いと感じさせられますが、「気付き」「疑問」を持ち信頼できる先輩方とともに着実に一歩ずつ自分の物に出来るように心がけていきたいです。

透析室
木村 駿佑さんの声

古賀病院に入職して5ヶ月が過ぎました。 私は臨床工学技士として透析室で働いています。働き始めてからは学校で学んだ知識を活かしつつ学校では勉強したことのない新しいことも学ぶ機会があるため日々勉強の毎日です。透析室では透析を行うことはもちろんですが患者様としっかりコミュニケーションをとることも大切で近くを通るときは一言でも声をかけるよう心がけています。
声をかけることにより患者様の体調の変化に気づくことがあるからです。仕事を行う中で迷い悩むこともありますが、看護師の方や技士の方たちに助けてもらいながら頑張っています。職場の中でお互いにフォローしあえる雰囲気がとてもよく、スタッフ同士が仲の良い働きやすい職場です。これから一人前の臨床工学技士を目指すとともに患者様に満足していただける医療の提供ができるように日々努力を続けていきたいです。